老人ホームに親を入所させたあと1度も行かなくても大丈夫か?

老人ホームに親を入所させた後、一度も訪問しないことは避けるべきです。以下の理由から、定期的な訪問や連絡を維持することが重要です:

  1. 親の精神的健康
    • 孤独感の軽減:定期的な訪問や連絡は、親が孤独を感じることを防ぎ、精神的な健康を維持する助けになります。
    • 安心感:家族とのつながりを感じることで、親は安心し、心の安定を保つことができます。
  2. 施設の状況確認
    • サービスの質の確認:定期的に訪問することで、施設のサービスの質や親の生活環境を直接確認できます。不具合や改善点を早期に発見し、対策を講じることができます。
    • スタッフとのコミュニケーション:スタッフと顔を合わせて話すことで、親のケアの状況や特別なニーズを共有しやすくなります。
  3. 親の健康状態の確認
    • 健康チェック:直接会うことで、親の健康状態や変化を確認することができます。異常があればすぐに対処することが可能です。
  4. 感情的な支え
    • 家族の絆の維持:家族との定期的な接触は、親子の絆を維持し、親にとって大きな感情的な支えとなります。
  5. 自身の安心感
    • 安心感:親の生活環境や健康状態を直接確認することで、自分自身も安心感を得ることができます。

訪問が難しい場合でも、電話やビデオ通話、手紙や写真を送るなどの方法で定期的なコミュニケーションを保つことが大切です。家族の関心や愛情を示すことで、親の生活の質を向上させることができます。